オブジェクトの使い方

注意事項

注意事項改造に関しての操作ダウンロードなどの作業はすべて自己責任で行ってください不利益などを蒙っても当方は一切の責任を取れませんすべて自己責任でできる方のみ改造をしてください。

オブジェクトの使い方

オブジェクト説明.jpg

Normalオブジェクト

画像 名前   説明。無い場合もあり
左に変数の名前 左の変数の説明(あれば) 右に数値でお願いします 右の変数の説明(あれば)

RedBlueTurnBlock.png Flip-swapPlatform(レッドブルーパネル)    
SW_A イベントのスイッチ的なもの無いとフリーズします 任意 Spin Switch Controller と同じに

Noimg.png Spin Switch Controller(スピンスイッチコントローラー)    
SW_A   任意 Flip-swapPlatform(レッドブルーパネル)のSW_Aと同じ数値に
AreaShapeNo 形状 0  

Noimg.png Galaxy Fly-In(ギャラクシーフライイン)   シナリオスタート時のステージ着地までの飛行軌道
obj_arg0 速度 300 300で3秒で着地します恐らくミリ秒?
obj_arg3   3  
obj_arg5 おそらく角度? 75 -1でも機能します
CameraSetid カメラidの設定 50 e:シナリオスターター:000:00番目の番号かな?
CommonPathId オブジェクトをパスと結びつけます X 作ったパスの番号

BlackHole.png BlackHole   よくあるブラックホールです。スケールを大きくすると範囲が伸びます
X scale Xの倍率 任意 マイナス以外の任意の数字
Y scale Yの倍率 任意 マイナス以外の任意の数字
Z scale Zの倍率 任意 マイナス以外の任意の数字
Obj_arg0(size) サイズ 3000~5000 この位の数値をよく見かけた

RestartObj.png RestartObj(中間ポイント)   中間ポイントです
Obj_arg0(Spawn Point ID)   任意 Starting PointsのSpawnIDと同じ数字に

EarthenPipe.png EarthenPipe(ドカン)    
Obj_arg0(Unknown)      
Obj_arg1(Unknown)      
Obj_arg2(Retract Pipe?)      
Obj_arg3(Pipe ID) パイプID 任意 もう一つドカンを設置して同じ数値に
Obj_arg4(Music Change StageBgmInfo)      
Obj_arg5(Unknown)      
Obj_arg6(Unknown)      
Obj_arg7(Color)      

エリアオブジェクトの使い方

Starting Pointsの使い方

Starting Point.png Spawn   スタート地点またはリスタート地点の設定
Spawn ID スポーンID 任意 中間ポイントなどと合わせて


オブジェクトの使い方編集についての注意事項

下記のように編集してください。
まずオブジェクト名に色を付けてください
変更する数値はテーブルで記入してください
画像modelが無い場合はNo img(modelが存在するが画像が用意できない場合は「画像なし」) 名前   オブジェクトの軽い説明。無い場合はかかなくていい
左に変数の名前 左の変数の説明(あれば) 右に数値でお願いします 右の変数の説明(あれば)
obj_arg0   -1  

各オブジェクトの末尾にhrタグをつけてください。

  • 最終更新:2017-11-07 04:16:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード